ぼくはパワーリフターではありません(試合に出ていません)が

スクワット、ベンチプレス、デッドリフトが好きです。



だいたいこの3種目ばっかりやっていて、

少しずつ記録を伸ばしています。


そういった意味ではパワーリフターなのかもしれません。







デッドリフトが1番好き


こちらの記事でも書きましたが、ぼくが筋トレをするのは

「糖尿病の解決」のためです。


しかし、やってるうちに筋トレそのものにハマってしましました。

とくにBIG3はベビーなウェイトを扱えるので楽しいです。


中でもデッドリフトは、思いっっっきり力を入れて引き上げるので、

達成感というか何というか、、、とにかくスッキリしますよ。



1番ヘビーなウェイトを思いっきり引き上げる...

デッドリフトが1番好きですね。



200kgが1つの目標



重量を追い求めるのが目的ではないんですが、

それでも少しずつオーバーロードしてくべきです。


なぜなら、今はキツイと思っている重量も、いつしか軽くなる時がくるからです。

筋トレの目的は負荷をかけて筋肉を鍛えることなので、

軽くなってしまっては意味がありません。


ちょっとキツイところを突破していくのがいいんです。


ぼくが最初に挑戦した時は、80kgが限界でした。

100kgとか、みんなよく上げてるよなぁ 

なんて思っていたもんです。



ところが今では200kgを達成しています。

これは1つの目標でした。周りのトレーニーたちが

「デッドは200kgからだ」

と言っていたのを真に受けたんですww



そんなこんなで目標を決めたわけですが、

どのようなステップで200kg達成したのか見ていきましょう。



小さな目標を達成し続ける


いきなり200kgは遠すぎて、近づく前に心が折れてしまうかもしれませんw


ぼくは大きな目標を設定する時は、

その前の段階である小さな目標も同時にに設定しています。


今回の場合は、まず120kg、次に150kgというように

段階的に引き上げていくアプローチをしました。



で、やり方は基本通りの5×5法です(後に10×2に変えました)

5×5の5セット目が6回あがったら、次回の重量を5kgアップ。


スクワットとベンチは2.5kgアップですが、デッドは5kgアップにしています。

これを繰り返し、最初の小目標・120kgを達成したら、次の150を目指す。


以降リピート


こんな感じで進めてます。

飽きてきたら補助種目のボリュームを増やしたりしてます。


マンネリにならないようにするのもコツだと思います。


もっとも重要なのは怪我をしないこと。

それにはフォームが肝心です。


ぼくはこちらの動画を参考にしました。



デッドリフトの解説動画はいっぱいありますが、

ぼくはこちらが一番しっくりきました。



また、ボディビル的な目的の人はこちらが参考になるでしょう。






200kg達成までにかかった時間


大目標の200kg達成までに、1年半かかりました。

初心者からの1年半で達成できたのは、

なかなかよくやったと思います。

次は300kgを目標にしています。




おわりに


なんでワイドでやらないの?


と、よく聞かれます

ワイドの方が重量上がるよ、と。



これは単純な話で、ずっとナローだったんでナローがやりやすいんです。

ワイドもたまにやるんですけど、違和感半端ないっすね。









最新情報をチェック!

#筋トレ、はまってます


関連記事

・3週間ぶりの筋トレ:筋力維持できてました。
・ベンチプレス100kgで停滞していたぼくが120kgを挙げるためにやった4つのこと
・スクワットで怪我をしないために:ぼく意識している3つのこと






#山、開拓中

#四駆、楽しいです