こんな記事を目にしました。

本当にこの手の事故って多いんですよ。

身近にも炊飯器の湯気で火傷したケースがありました。


子供にとってはそこらじゅう凶器だらけですよね。


詳しくはこちらをご覧ください。


以下サイトより引用
1.【飲食物による熱傷が多数を占める】 テーブルの上の味噌汁,コーヒー,紅茶などは子どもにとっては全て凶器となります。 「手が届かないと思って置いていた」と後悔される親御さんが多いです。「手が届かない範囲はない」と考えるべきです。子どもは触りたいと思ったらどんな手段を使ってでも手を伸ばして,ひっくり返します。 「手が届かない高さだと思って油断していた」という反省も多いです。つかまり立ちが始まると,手が届く高さが日毎に増していきます。乳児を甘く見てはいけません。

2.【炊飯器の蒸気,加湿器の蒸気】 子どもの手が届く高さにある炊飯器,加湿器は凶器です。 従来型の軟膏ガーゼによる熱傷治療では,水蒸気熱傷はあっという間に深くなり,植皮まっしぐらです。

3.【ティファール電気ケトルとその類似商品】 極めて危険な凶器です。 受傷パターンとして多いのは「テーブル・キッチン台の上でお湯を沸かしていて,子どもがコードを引っ張って落とす」です。ティファールはコードと台が一体型のため,コードを引っ張ると台も一緒に動き,しかも本体にストッパーがないものが多いため,広範囲熱湯となります。日本の家屋は電源コンセントが低い位置にあるためです(ヨーロッパではコンセントが高い位置にあるため,同様の事故は起きていないそうです)。

4.【ウォーターサーバー】 ストッパーなしで熱湯が出るタイプは凶器。

5.【ヘアアイロン】 パターンとして多いのは「使い終わったヘアアイロンを手が届かない所に置いていたのに,子どもがコードを引っ張って落とし」が大半。

6.【アイロン】 パターンとして多いのは「アイロンを使っている時に来客(電話)があってちょっと目を離したスキに子どもが」が多いです。


サイトの中には豊富な治療例のデータがあるので、

とても参考になると思います。

キズの治療は「消毒しない」「乾かさない」が基本です。



電気ケトル系の事故は小さな子どもだけでなく、

大人も注意が必要です。



万が一ヤケドになってしまったときのために

こちらを読んで備えましょう。

















関連記事

・ 糖質制限は科学として面白い:炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】~植物vs.ヒトの全人類史~ 読んでみたよ
・【糖質制限おすすめ本】糖質制限・ケトン体がよく分かる良本6選


#山、開拓中
#筋トレ、はまってます
#四駆、楽しいです