最近何かと話題の仮想通貨。

代表的なものだとビットコイン(BTC)があげられます。

ブロックチェーンはこのビットコインの仕組みを支える根幹技術です。


既存のシステムとの違い

現在の多くの情報システム、例えば銀行の取引データの管理などは

中央にサーバーを置く「中央集権」的な管理システムを採用しています。

これに対しブロックチェーンは「分散台帳」を採用しています。

これはP2P(ピア・ツー・ピア)ネットワークを用いて管理する仕組みで、

ビットコインの取引は過去から現在まで全て記録され、公開されています。

データをチェーンのようにつなげて全ての人が公開・閲覧できるようにしており、

お互いに監視させる仕組みを取っているのです。

また、ビットコインのシステムには管理者が存在しません。

しかし今まで一度も停止せずにシステムが動き続けています。

これはネットワークの参加者全員でデータを共有しているため、

一部が損なわれても他の参加者のデータから再生可能だからです。



ブロックって何?

ビットコインの場合、ブロックチェーンのブロックとは

10分間の取引の記録です。

そのブロックをチェーン状につなげているのです

さらに特徴的なのはブロックの処理を行いながら、

次のブロックが継ぎ足されていく点です。

従来の中央サーバーを用いた取引では、

「過去の取引を確定してから次の取引」という順番ですが、

ブロックチェーンの場合、取引が確定しなくても次に進みます。

それでは取引履歴が枝分かれしてしまうではないか、と思われるかもしれませんが

その場合は「一番長いチェーンが正しいもの」というルールの下

それ以外の枝分かれしたチェーンを自動的に破棄してしまうのです



管理者が....いない?

ブロックチェーンで動くビットコインには、管理者がいません。

全体を管理する人も中央に決まったサーバーもなく稼働し続けています。

これは、ブロックチェーンのしくみを作ったとされる

サトシ・ナカモト氏が、「管理者」が存在する従来の通貨システムに懐疑的で、

ブロックチェーンを採用しているビットコインでは、

通貨の供給量の上限があらかじめ決められており、

「管理者」による政策にその価値を左右されないためのしくみ作りがされているとのことです。

ブロックチェーンを動かしているのは人ではなく一連のルール(プログラム、プロトコル)です。

ブロックチェーンはこのルールに従って淡々と動き続けています。



不正や改ざんについては?



管理者がいないのに、不正や改ざんをされたらどうするのか。

この点も心配いりません。

ブロックチェーンでは特定のサーバーがなく、多数の参加者でデータを共有しているので、

中央のサーバーを書き換えてデータの改ざんを行うということができません。

また、たとえ途中で改ざんされ、ブロックチェーンが枝分かれしたとしても、

一番長いチェーンが正しいというルールがあるのでそれ以外は自動的に破棄されます。



結局何がすごいの?

インターネットの登場は我々の生活をガラリと変えてしまいました。

ブロックチェーンはインターネット以来の衝撃と言われています。

しかしインターネットでは、価値の伝達を第三者の仲介なしに行うことは難しいと言われていました。

どうしても不正や改ざんの恐れがあるからです。

しかしブロックチェーンで動くビットコインは

2009年の運用以降何度か攻撃を受けたにも関わらず、

一度もダウンすることなく稼働し続けています。

これは驚異的なことです。

ブロックチェーンのすごさは今まで難しいとされてきた「価値」を送ることができる点です。

貨幣のような価値を送ることができるのはもちろん、

そのほかの権利、株式や不動産登記等も送ろうとしています。

インターネットが社会に革命を起こし、我々の生活を一変させたように

ブロックチェーンも近い将来、我々の生活を一変させる可能性がります。



仮想通貨のこれから

ブロックチェーンで動くビットコインをはじめとした

様々な仮想通貨も盛り上がりを見せています。

少なくとも2017年は、ぼくが働くより

年初にビットコインを買っておいたほうが稼げたわけです。

1年で20倍。100万が2000万。こんな感じ

2018年もますます盛り上がることでしょう。


そこんとこ!




関連書籍









#山、開拓中
#筋トレ、はまってます
#四駆、楽しいです