無事に口座開設ができましたので、

さっそくZaifコイン積立に申し込みました。


今回はコインの積立方法を見ていきたいと思います。





Zaifとは?


Zaifとはテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所です。


Zaifは近畿財務局における仮想通貨交換業者としての登録(登録番号00002号)を完了し、

正式な仮想通貨交換所としての営業を開始しました。



Zaif公式サイトはこちら





Zaifコイン積立とは?


毎月27日に取り決めた一定金額が指定口座から引き落とされ、

翌月10日から翌々月9日まで毎日指定の仮想通貨を自動的に買い付け、

積み立てていくというものです。
「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、
取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」

「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」
などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
 Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、
ご希望の金額を積み立てすることができます。

毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、
1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングを
はかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。


積立可能なコイン


以下のコインが積立できます。

・BTC(ビットコイン)

・MONA(モナコイン)

・XEM(ネム)

・ETH(イーサリアム)






まずはアカウントを開設


アカウントの開設は下記のステップを経て完了します。



1:基本情報の入力

    氏名、年齢等の基本情報を入力します。


2:本人確認書類の提出

    免許証等の写真をスマホで撮影し、アップロードします。


3:電話番号認証


4:郵送による本人確認
    
    ステップ3まで終了すると3営業日ほどで
    本人確認ようのコードが郵送で届きます。
    これを入力することで口座開設が完了します。

   ※最近口座開設希望者が激増しており、
    本人確認作業が遅れているそうです。
    本人確認コードの発送までに10日近く
    かかることもあるそうなので、
    口座開設希望の方はお早めに!
    申し込みはこちらからどうぞ! → Zaif






Zaifコイン積立に申し込み


口座開設ができたらZaifコイン積立に申し込みます。

利用規約等に同意し、申し込みます。


申し込みが終わったら、
トップページのアカウントをクリック
スクリーンショット_2018-01-01_21_04_36



次にZaifコイン積立をクリック

スクリーンショット_2018-01-01_21_04_36_1




さらに毎月の購入金額の変更をクリック

スクリーンショット_2018-01-01_21_06_08



購入金額を入力して保存

スクリーンショット_2018-01-01_21_07_27


以上です。



積立のスケジュールは以下のとおり


毎月8〜10日頃:翌月分の積み立て申し込みと、積み立て金額の設定変更締め切り

毎月27日:翌月分お客様銀行口座より自動引き落とし

翌月10日~翌々月9日:上で引き落としした分の積み立てについて、日毎に自動的に買い付け、翌日お客様アカウントに振替








Zaifコイン積立はドル・コスト平均法


Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。 相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、
価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、
価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、
ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより
しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが
最大のメリットと言えるでしょう。
 ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、
安定した収益を目指すためのものですので、
必ずしも万人におすすめするものではありません
 しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、
ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。




ドル・コスト平均法とは?


ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つで、定額購入法ともいう。

金融商品を購入する場合、一度に購入せず資金を分割して一定額を定期的に継続して投資する。

例えば一ヶ月あたり〇〇万円で、継続的に投資するという手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種である。

価格が高い時は購入数量は少なくなり、安い時には多くなる。

価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。

上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、

収益を減少させてしまう欠点もある。

タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。





しばらく様子見


2018年はいろんな銘柄が高騰しそうなので、

保有銘柄が高騰を続ける場合はタイミングを見計らって

手法を変える必要があるかもしれません。


ま、答え合わせは数年後で!








関連記事

・ブロックチェーンの基礎を勉強したのでちょっとしたまとめ:仮想通貨・ビットコイン
・仮想通貨に手を出してみる:Zaifで口座開設



#開拓日記書いてます!
#四駆、楽しいです
#筋トレ、はまってます