トレーニング強度が上がるにつれて増えていったグッズをご紹介します。




シューズ


健さん

51


本来はデッドリフト用に買ったんですが、

蓋を開けてみればどのトレーニングでもこれしか履いてません。




楽天で買えます。





ニースリーブ


鬼スリーブ

16

使用重量が増えてきたので購入。

「鬼」ってところが厨二っぽくていいですw

購入は武器屋.netから
全てのパワーリフティング、ベンチプレスの試合で使用可能なニースリーブです!!
 
武器屋の鬼ロゴはすでに世界中で使用されており、
とてもインパクトがあるので一目で公認品であると分かります。
公認を取った最初の二年間はなかなか認知されておらず、
コスチュームチェックで弾かれる事もあり、とても苦労しました。
 IPFにも抗議文を何度も送りました。
 日本人選手団があきらめずに世界に広めてくださったおかげで認知され、
今では鬼ロゴを見るだけでOKと言われるまでになりました。
 本当はもっとちゃんとチェックしないといけないのですが(笑)
さて、こんなにもご支持いただいているのはサポート感の強さと履きやすさ、
お求めやすい価格にあります。 抜群のサポート力 一般的なスポーツ用品店、
ホームセンターに売っている膝サポーターとは全くサポート感が違います。
 初めて使われた方は非常に驚かれます。
スクワットのボトムポジションで壁が支えてくれるような感覚が得られます。
そして、強いサポート力はスクワットで膝が前に出てしまうのを防ぎます。
 この絶大な安心感はパワーリフティング専門用品だからこそです。
パワーリフティング専門用品をうたっておりますが、
ご自宅でのトレーニングにもご使用いただけ、感動のお声をいただいております。
 容易な着脱 他社のニースリーブの様に入り口を強く縫ったりせず、
ストレッチ性を持たせております。
他のパワーリフティングメーカーのニースリーブに比較して非常に履きやすい構造です。




パワーベルト



52

これはBIG3で必ず使いますね。

筋トレ始めると同時に買いました。

ぼくが使ってるのは写真の入門モデルです。

安いけどしっかりしていていいですよ。

アマゾンで売ってます。




リストラップ

鬼リストラップ

58


スクワットでも手首の保護は重要です。

ぼくはローバーで行うんですが、

手首が返って結構痛いので、これ無しじゃ考えられません。

ベンチプレスでも大活躍。

やっぱり厨二っぽくていいですね「鬼」ってw



購入は武器屋.netから

全てのパワーリフティング、ベンチプレスの競技会で使うことが出来るリストラップです。

盛り上がりを見せるクラシックパワーリフティングですが、
全国規模の大会ではパワーリフティング世界連盟(IPF)の
公認を取ったリストラップでないと使えないのはご存知でしょうか。
 価格がウリのリストラップも他社より販売されておりますが、
公認を取ったリストラップでないとこのムーブメントに乗ることが出来ません。
 当店の鬼ロゴ入りのリストラップは世界中のパワーリフティングの
大会で使うことが可能です。

抜群のサポート力とフィット感

リストラップを選ぶにあたって重要な点は
生地の強度によるサポート力と手首へのフィット感です。
 サポート感を出すためにはより強い生地が必要です。
強すぎる生地は手首にフィットしにくく浮いてしまうような感じが残ります。
そして、強すぎる生地でフィット感を出すためには
かなりの強い力で引っ張る必要があり、
競技の時に無駄な力を使うことになります。
他方で手首へのフィット感を追求した柔らかい生地では
簡単に重みに負けてしまいます。
これではリストラップをする意味がありません。
鬼リストラップの生地は手首へのフィット感を出すために織り方を工夫し、
競技選手にヒアリングを行いながら扱いやすい範囲内の最高強度で仕上げました。



左右の区別があります


初心者の方でも扱いやすいように、
鬼リストラップは親指を引っ掛けるためのループと
ロゴの向きを同じ方向にしており、
左右の区別が出来るように製造しています。
 今や世界ベンチプレス選手権で優勝する選手、
全日本ベンチプレス選手権で優勝する選手、世界記録ホルダー、
日本記録ホルダーの手首には鬼リストラップが巻かれています。
フジテレビ 金曜プレミアム
『芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2016秋の陣』
2016年9月16日放送のベンチプレスバトルでも
出演者全員にご使用いただき高い評価を得ております。



とまぁスクワットではこんな感じですね。


服装はハーフパンツにTシャツです。

そんなにこだわってないですが、

マイプロテインのウェアが安くて機能的なので最近使い始めました。

マイプロテインのオススメは別記事に書こうと思います。





関連カテゴリ

#筋トレ


関連記事

・スクワットのセット数について:定期的に変えたほうがいいのか?
・スクワットで怪我をしないために:ぼくが意識している3つのこと
・【筋トレ】久しぶりのスクワット:160kg×3rep挑戦



#山、開拓中
#四駆、楽しいです