開拓用軽トラがもうすぐ納車なわけですが、

関連記事:開拓用車両選定終了:新年早々購入契約。農機具運びも楽々



ガンガン開拓するにあたって水の確保って重要だと思うんですよ。

長時間の滞在で水なしはキケンですからねぇ


当面はペットボトルで持ち込むとしても、

やはりミスを確保する方法は考えておきたいです。



というわけで水を確保する方法をまとめてみました!








雨水の確保

近くに水源がないので、

基本は雨水を貯水するしかないですね。

貯水タンクを設置する予定です。

でもそれだけでは飲用不可なので...





ろ過する


1: ペットボトルの底を切り取って、さかさまにしてつるす。

2: そのペットボトルの中に小石・木炭(焚き火の燃え残り)、
砂か小砂利、綿(衣類の切れ端とか)の順番で入れる。
(一番下に小石、一番上に綿が来るように入れる)

3:フタに排水用の小さな穴をあける。

4: 濁った水を入れる。

5: フタからろ過された水が出てくる。

6 :たまった水を約10分間煮沸して、飲み水にする!


これはポピュラーな方法ですね。


蒸留する


1: 大鍋に雨水を入れ、中央に小さめの鍋を置く

2: 大鍋に、中央がへこんだ形のフタをする(自作するか?)

3: フタの上に水を入れた鍋を置く(冷却用)

4: 雨水を入れた鍋を火にかける

5: 大鍋の雨水が蒸発し、その湯気がフタで冷やされる

6: 冷やされた湯気がフタをつたって小鍋にたまる



※蒸留水は、純水(理系の人なら知っている)と同じで

すぐ腐るので、少量つくって、その日のうちに使い切る。

保存する場合は、空気が触れないようにし、冷暗所で短時間保存する。





とまぁこんなところですかね〜


当面の課題は貯水タンクの設置ですね。






最新記事をチェック!

#開拓日記書いてます!
#四駆、楽しいです


#筋トレ、はまってます