ダイヤモンドの成膜基板としてチタンを使いたい人って多いんじゃないでしょうか?

しかし多くの場合断念してしまう状況かと思います。

成膜は出来ても剥離してしまったり、基板が反ってしまったり。


そんなチタン基板ですが、うまく成膜する方法はあるんですよ。


まず、剥離はしなくなります。

これは劇的に変わりますよ。

マイクロ波でパワーをガンガンかけて炭化しちゃうとか、

そんなコムズカシイことじゃないですよ。


で、1番の悩みどころの基板の反りですが、、、

まぁ解決策はあります、とだけ、、、、(ニヤリ



剥離の問題、反りの問題、これが解決できればチタンて魅力的な基板材料だと思うんですよね〜






関連記事


・【ダイヤモンド電極】ダイヤモンドの半導体材料としての応用

・【ダイヤモンド電極】オゾン水とは?ダイヤモンド電極でオゾンを作る



ご案内

山を開拓して遊ぼう!#開拓日記書いてます!

#四駆、楽しいです

#筋トレ、はまってます

#仮想通貨中