ダイヤモンドの成膜基板として最も適しているのは、炭化物を生成しやすい素材だと言われています。実験用基板として最もポピュラーなシリコン(Si)基板は、成膜初期で表面が炭化し、炭化シリコン(SiC)になることで、その後生成したダイヤモンドが強固に密着する、と ...